M様邸 地盤改良の様子

こんにちは!広報・プランナーの小杉です!

先日、M様邸の地盤改良が行われました!

着工するにあたり、事前に「地盤調査」を行います。
地盤調査では、「スウェーデン式サウンディング方式」という方法を用いています!
これは、先端がキリ状になっているスクリューポイントを取り付けたロットに荷重をかけて地面にねじ込み、25センチねじ込むのに何回転させたかを測定する方法で、一般的な住宅に主に使われている方式です。
このときの値を「N値」といいまして、数字が大きければ大きい程締まりのある硬い地盤、という見方をします。

今回M様邸での調査結果は、ギリギリ地盤改良は必要ない地盤でした。

ですが、当社では地盤調査の結果が改良の必要なしでも、余裕を持って地盤改良をお勧めしております。

というのも、一番危惧しなければならないのが震災が起きたときのことです。
地震、噴火、洪水、津波、台風、竜巻、暴風雨、集中豪雨、落雷などの天災で生じる不同沈下事故は地盤保証の対象外です。
つまり、地震で生じる液状化による不同沈下は対象外となってしまうということなんです。

そういった最悪のケースを考えたときに、イニシャルコストはどうしても掛かってしまいますが、お客様の大切な家を守るためにも余裕を持った地盤改良を実施させていただいています。

ということで、M様邸でも「表層改良」という工法で地盤改良を行いました!
表層改良とは、地表から2メートル以内の場合に行う地盤改良工事です。土と固化剤(セメント)を混ぜ合わせ軟弱地盤層の強度を上げ、下部の良好地盤層と一体化させて支持地盤を造ります。
その様子がこちらです110.png


このメモリの深さで改良を行っていきます!

f0369128_07573869.jpg




こちらが土と混ぜ合わせていくセメント達です146.png

f0369128_07561838.jpg



土の中にドバっと入れていきます。

f0369128_07561679.jpg






そしてこれを混ぜ合わせていきます!

f0369128_07561612.jpg




今回M様邸ではもともと地盤改良の必要はないという結果でしたので表面だけを改良する表層改良という工法にしましたが、結果次第では土の中にコンクリートの柱を作る柱状改良などといった工法を取る場合もあります。

大切なお家を守っていくためには、しっかりとした地盤は必須です!

地盤改良が終わったらいよいよ基礎着工です!
M様邸の現場の様子、引き続きお伝えしていきます!



施工例写真・お問い合わせ等は桂建設HPからどうぞ!
インスタグラムのフォローもお願い致します113.png

桂建設公式HP ⇒ 
http://katsura-kk.jp/
インスタグラム ⇒ http://instagram.com/katsura_kensetsu


[PR]
by katsura2275 | 2018-04-19 09:44 | 施工中の物件 | Comments(0)