命と生活を守る耐震

こんにちは!広報・プランナーの小杉です!

先月上棟式を終えたS様邸の工事、順調に進んでおります110.png

工事中しか見られない耐震に関する施工の様子を現場監督さんが見せてくれました113.png

f0369128_17351478.jpg



この箇所はとても大きな負荷がかかるところなので、ホールダウン金物という部材を取り付けてあります。
ホールダウン金物とは、柱が基礎から抜けてしまわないようにする部材で、ここでは20KNのホールダウン金物を2つ取り付けています。

また、土台と基礎をつなぐアンカーボルトという部材も通常よりも補強するためにM16という強い部材を使用しています!



このように、耐震のためには様々な設計、施工が必要なんですね146.png
家族を守るための耐震構造は大切です164.png

ちなみに桂建設では、等級の中では最高の耐震等級3を取得しています。
耐震等級とはよく聞きますが、耐震等級1と耐震等級3とではなにが違うの?と思いますよね146.png

耐震等級1は、震度6~8の地震が起きた際、1度は倒壊せずに家の中にいた家族の命を守ることができます。
ですが、家本体には激しい損傷が起こるのでその後住み続けることはできませんし、2度目の余震が起きた際、崩壊する危険性もあります。
耐震等級2の家でも、熊本地震の際は繰り返しの余震で倒壊した家もありました。

耐震等級3は、繰り返しの余震にも耐え、損傷もできる限り抑えられ、家の修理を行えばその後も住み続けられる可能性のある家なんです。
熊本地震では、大きな被害が出たエリアでも耐震等級3の家は被害が少なかったというデータが出ています。

人命を守ることは勿論、災害が起きたその後の家族の生活も守ることも大切です。

ですので桂建設では、耐震等級3のお家を建てています110.png
家族の命と生活を守る耐震構造、しっかりと考えていきたいですね。





施工例写真・お問い合わせ等は桂建設HPからどうぞ!
インスタグラムのフォローもお願い致します113.png

桂建設公式HP ⇒ 
http://katsura-kk.jp/
インスタグラム ⇒ http://instagram.com/katsura_kensetsu


[PR]
by katsura2275 | 2018-02-01 17:42 | 施工中の物件 | Comments(0)