S様邸の現場の様子


こんにちは!広報・プランナーの小杉です!

今日はS様邸の現場にお邪魔してきました!

現在は基礎工事と先行配管工事が終わった状態です。
今日は土台付けの作業中でした!

f0369128_07593712.jpeg





土台ひとつひとつ、ボルト位置を出して印を付けていきます




f0369128_07593323.jpeg


この木材をよく見てみると・・・



f0369128_09433493.jpeg
「E130 SD15 ヒノキ」と書かれています。

これは何を表わしているかといいますと

E=ヤング率(数字が大きいほど変形しにくい)
SD=含水率(数字が小さいほど乾燥している)
ヒノキ=材料の種類

となります!


E130(ヤング率)とは簡単に言うと木材の強度の等級で、表にするとこんな感じです。


f0369128_10184451.png
今回使用している木材はE130の等級ですので、かなり強度の高い木材ということになります!



そして含水率。

木材はできるだけ乾燥しているものを使用します。
含水率の高い木材を使用しますと、

・木材の収縮に伴い、割れや狂い、隙間、継ぎ目の段差などが起こる
・カビや変色菌、腐朽菌、シロアリに犯される可能性がある
・強度性能に悪影響を及ぼす

などなど・・・お家の強度や寿命を縮めてしまう大きな要因となってしまうんです140.png

強度が高くしっかりと乾燥している木材を使用することで長寿命のお家になるんですね164.png

ちなみに、左隅にある木のようなマークは「FSC認証材」のマークです!
FSC認証材とは、簡単に言いますと「適切に管理された森林」だと認めた森で生産された木材です。
FSC認証されている木材を使用すると補助金が出る場合もあります!
↓このマークです↓
f0369128_17242873.jpg

木材にもさまざまな等級があるんですね146.png
デザインだけでなく、こういったところまでしっかりと考えることで長寿命のお家になります101.png
家づくりの際はぜひ注目してみてください!


施工例写真・お問い合わせ等は桂建設HPからどうぞ!
インスタグラムのフォローもお願い致します113.png

桂建設公式HP ⇒ 
http://katsura-kk.jp/
インスタグラム ⇒ http://instagram.com/katsura_kensetsu


[PR]
by katsura2275 | 2018-01-19 17:54 | 施工中の物件 | Comments(0)